九州地方の海面水位急上昇(副振動)

いま報道ステーションを見ていたら昨日の九州地方での海面水位急上昇が報道されていた。
原因は副振動とのこと。
番組では日比谷さんが専門家としてコメントをしていた。

日比谷さんと言えば有明海の潮汐による潮位変動の増幅の論文をだしていたとおもう。
湾などには固有振動数もしくは固有周期があって、その周期に近い振動は共鳴現象で
増幅する。この論文では潮汐周期の現象なので、今回の海面急上昇とは異なる。

副振動という用語には私自身は親しみが無くセイシュを含む短周期現象と理解できました。
日比谷さんは潮汐モデルの専門家だから副振動という呼び名に親しんでいるのであろう。
浅い東シナ海で気圧波が水位変動を引き起こしたとのこと。セイシュのように共鳴したの
かもしれない。

通常の潮汐による水位の上下に周期の短い波が重なり合って引き起こされたと言うことで
ある。原因は大気の気圧波が考えられるとのこと。おそろしい現象だと思った。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.umigaeru.com/mt-tb.cgi/146

コメントする

このブログ記事について

このページは、うみガエルが2009年2月26日 22:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今日の、さぶちゃん、たびぃちゃん。」です。

次のブログ記事は「博士(Dr)の持つクレジットカード」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。