2009年3月アーカイブ

カンペール
バルサの試合を見るときは里帰りで連れて行ってあげます
スペイン生まれのデザインのユニークな靴
雨の日は良く滑って死にそうになりますが(笑) 好きです
もう一人仲間が増えました
DSCN2005.JPG

たびぃさん、変な寝方。
DSCN2007.JPG
ちょっかいを出してみたがびくともしない。

でも待っていたらダンゴムシに変身した。
DSCN2008.JPG

久々にAVG FreeのWebページを見るとバージョン8.5が公開されていた。
試しに使ってみようかな。

うっ59.8MBもある。

日本語版もあった

ともに無料版のウイルス対策ソフト
Cup Noodle My Vending?Machine
研究室に面白いのが置いてあった
DSCN2003.JPG

懸賞で当たったらしい
自分的に見て、新しい病院でのうつ病治療の第2段階に入りつつある。
第1段階は多すぎる処方からの脱薬(断薬)、特にベンゾジアゼピン系抗不安薬からの離脱。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬のなかでも最強に分類されるリボトリール(ランドセン)さよなら作戦
パキシル以外を一気に減らすという荒療治・・・(笑)
他の患者(知り合い)の時は徐々に減らしたらしい。
主治医は患者を診て処方を変えているようだ。

2chでリボトリールとランドセンのスレッドを見ると断薬の自信は揺らいだけれど
主治医には強い意志として断薬には耐えれると宣言したからか?

荒療治なのか?絶妙の処方なのか?
3週間ほどでランドセン/リボトリールの断薬、そして離脱現象・離脱症状に対する忍耐継続に成功。
ほぼ一ヶ月でやばい薬におさらばできた

この三週間の中には不眠症なのに毎朝4時起きでの危険な海洋観測もあったし
ばりばりの離脱症状の中での知人の手伝いもあった
大学の仕事をしているのでこの時期が長期休暇中であって良かった
働きながらの離脱は無理だったかもしれない
離脱症状と闘いながら仕事もしたが、そのあと寝込んでも良かったのは幸運

離脱による疑似鬱症状は、かなりやばい。大きな不安や自信喪失などなどが僕を襲った
死にたくも成るし、イライラもする。うつ病の症状ではなく断薬起源と分かっていても
思考回路は変化なし。離脱症状は精神面に顕著だが肉体面でも大きかった
痛風になってしまったかのような皮膚感覚の研ぎ澄まされ。体温調整不良など。つらかった。

しかし、同時に三環系抗うつ薬も減らしたために三環系の副作用が収まったのはうれしかった。
僕の体はアモキサンなどの三環系で、口の渇きや疑似アトピー、めまいがでる。
疑似アトピーは、アトピー患者のつらさを垣間見ることができてアトピー患者のつらさがわかるのだが
わかるだけあって、かなりつらい。首よりも上の毛髪部の皮膚が腫れてしまって皮がむけて
フケのようなものが次々と出現したり痒かったり出血したり。
これが収まったのはうれしかった。パキシル単体の副作用が少ないと実感できた。

余談だがパキシルとアモキサンが合わさると遅漏と排尿困難がでる。

さて第2段階では、抗うつ薬のテストが課題。
初期にパキシル40mgだけだったものが30mg、20mgと減った。
そして新たにプロチアデン(三環系抗うつ薬)50mgが加わった。
プロチアデンはパキシルとアモキサンの中間に作用する
僕にはプロチアデンは、あまり効果がないようである
また口の渇きは出ないが疑似アトピーが復活した

抗うつ薬を飲み過ぎていて副作用を我慢するのが特技になっていたようだ
だから離脱症状にも我慢できたのかもしれない

僕にあった薬(うつ病以外も含めて)が見つかるかな 不安
アニメを見て大泣きをしたり感情面は豊かではある
しかし、うつ病らしい症状が出てきた 死にたかったり 離脱作用とは異質の睡眠障害
無気力 激しい疲れが出てきた。
数年前の正月にNHK教育で集中的に放送されているのを見て好きになってしまった。
放送されていたのは3rdシーズンだったかな?2ndかもしれない。
とにかく今でも毎週土曜日の18時を楽しみにしている。

いまは5thシーズンでWBCをやっています。去年はマイナーリーグ編。

主題歌は毎回良くて特にロード・オブ・メジャーの歌が良いかな?
大友康平もよかった。いまの木村カエラのはなれるのに時間がかかったけど。

久しぶりに1stを見直したけど毎回泣けます。わたしは涙もろいのね。
ブラウン・メルセデスがフロントロー独占。
ホンダのシャーシーがマクラーレンより良いものだったことが分かった。
エンジンはメルセデスの方が良いのかな?

今年は混戦になりそうで楽しみだ。
数年前に清水市(現静岡市清水区)にアパートを借りていたのですが退去時に嫌な思いをしました。
不動産会社は積和不動産中部です。
当時はうつ病で法廷闘争する気がなかったので言いなりになったのですが・・・

最近、ネットで積和不動産の退去時の違法行為が多いことが分かりました。
大手なので大丈夫だと思って入居して退去時にトラブルが多発しているようです。
賃貸を考えている方は事前に不動産業者の口コミを調べた方がよいです。

私は、タバコを吸わないし、大学に早朝から深夜まで居て家には寝に帰っていただけです。
料理もしていません。カーテンも掛けていたので壁紙も日焼けをしていない。
きれいに使っていましたが経年変化などに関してもケチを付けられて敷金が帰ってこないどころか
追い金までされてしまいました。

いろいろ賃貸をしたことがありますが、大手なのにびっくりしました。
3年前の前回大会も感動しましたが今大会も感動しました。
テレビで観戦できないときもありましたが、とっても楽しめました。
原監督は結果を残すのでさすがです。

やっぱり国際試合は楽しいですね。
サッカーワールドカップの強豪国の国民が体験している幸せを仮想できました。
サッカーで言うブラジルとかドイツとかフランス国民って、こんな感じで見ているのね。

野球はマイナーなスポーツですが、もっと普及しても今のように強い日本であってほしい

内川選手の決勝での守備、すなわちツーベースヒットになりそうな打球を難しいバウンド
で捕って素早く二塁に送球!に感動したのですが、野球が詳しい人に話したら
「イチローだったらただの外野フライになっていた」ですって 汗

まぁ本当にどきどきわくわくで楽しかったです。
ありがとう侍ニッポン
静岡市清水区の興津第2埠頭に海洋開発機構の「ちきゅう」が接岸
毎週水曜日に清水港に近づいてきて通船で人員交換していると聞きましたが
この水曜日は物資を積み込んでいるようです
興津第二埠頭に接岸できるんですね 喫水とか大丈夫みたいです
DSCN1982.JPG
でかいです
DSCN1983.JPG
画面からはみ出ちゃいます
DSCN1984.JPG
次から次へとトレーラーが入っていきます
DSCN1988.JPG
夜はいつものように煌々と輝く
今日は陸上電源かな

日本の大学は観測船を奪われつつある
国立大学法人の観測船は海洋開発機構に移管されたり
私立大学の観測船は予算不足であっぷあっぷ

今後は環境系分野である海洋学も冬の時代になるのかな
小型舟艇も使えなくなっていくのであろうか?
DSCN1975.JPG
北斗
DSCN1976.JPG
南十字
両船とも中古漁船出身の割にがんばっています
東京大学の大槌の「弥生」みたいな観測専用船とは違いますが 汗

DSCN1977.JPG
信頼のブランド シーバードのCTD(深さごとの塩分や水温を測る機械)

DSCN1978.JPG
富士山が見守る 駿河湾の海
DSCN1980.JPG
土肥沖でプランクトンのブルーミングを確認


?
富士山がきれい
DSCN1981.JPG
駿河湾フェリーの航路に沿って観測をしました

彼らと仲間たちは、大学の都合で追い出された。
しかし捨てる神在れば拾う神あり。
おなじく臨海実験場の平面水槽脇に一部の消耗品は保管してもらえた。

捨てられてしまったり里子に出た海洋観測備品の中には博物館級のものもあった。
個人的に持ち帰るべきだったかもしれない。死守すべきだった。
後悔の念もあるが精神的に不安定だったため、あきらめてしまった。

観測の重要性を知らないものたちのなせる技。
ナンセン式転倒採水器、転倒温度計、アンデラ流速計、某有名観測家の遺産、恩師の思いで。
などなど
DSCN1972.JPG

DSCN1973.JPG

DSCN1974.JPG
生き残った彼らに出番はあるのか?
きもい
いま外から帰ってきました

Acoustic Doppler Current Profiler (ADCP) 音響ドップラー多層流速計
先週、小型舟艇で苦労して揚収してきた流速計です。
空中重量90kgくらいあります

本日、人手もあったのでケースを脱がせてデータの抜き出しです。
DSCN1969.JPG
旧式故にパソコンの接続もシリアルです
かなり大がかり
本来は英語版のPC-DOSで制御ですが日本語版Windows90のMs-Dosモードの
USモードでも動きます
最近はコマンドはLinuxばかりですが久しぶりにDosコマンド
DSCN1970.JPG
事件発生
データが記録されていません
20年選手だから寿命かな?
ランニングテストをすると数回に一度は記録される
自己診断を掛けると途中で引っかかる
明日は観測なので明後日、メーカー代理店の技術さんと相談しよう

Movabletypeのアプリケーションを4.24から4.25にアップデートしました。
いつものごとくマニュアル通りにやったのですが、また失敗。
MySQLが原因かな?

海を見ると沿岸水と沖合水のフロントが見れました。
沖合には調査船「ちきゅう」が見えます
DSCN1968.JPG

最近、食べまくっています。
静岡市の大崩海岸沿いのカフェ・朝日さんにて。
朝日バーガー1500円くらい。
照り焼きチキン、メンチコロッケ、卵、ベーコン、トマト、ハンバーグがバターの染みこんだパンズ
に挟まっている。これだけで腹一杯。
DSCN1966.JPG

サンマルク
にてスペシャルディナーコース(国産牛のサーロインステーキ)と焼きたてパンたくさん

ご存じ天下一品にサンマルクの後に
DSCN1967.JPG
かなり太ったかと思いきや91kg

流速計(ADCP)の回収が漸くできました。
出航直後にJAMSTECの「ちきゅう」に遭遇、でかいはずなのに小さく見えました。
背後には淡く浮かび上がる雪の富士山。
DSCN1961.JPG
現場には二時間半ほどで到着。
超音波切り離し装置、船上局からハイドロホン(トランスデューサー)でコール
返事あり。測距、575m。ほぼ真上。
切り離しコマンドをかける。切り離し装置からコマンド受信および実行の返事。
数十秒後、物理的に切り離し完了の返事。
5分後にブイの浮上を確認。
DSCN1963.JPG
悪戦苦闘の末、腰痛と引き替えに流速計と切り離し装置、ウキ(浮子)などを揚収
DSCN1964.JPG
かなり年季が入ってきました。
RD社製のナローバンドADCP。
世界でも使っているのは僕だけかも。
皆さん新型を使っていそう。

午後になると風が吹き出して危険な状態になることが多い。
だから普段は朝9時以降に運行している小型舟艇の出発時間を特別に早めて朝7時出航。
荷物の積み込みなどもあるので自宅を4時30分過ぎに出る。

雪を蓄えた富士山が月の光で照らされていた。
由比付近からみた駿河湾はさざ波程度。

超音波切り離し装置の船上局やトランスデューサー、コンテナなどを船に積載。
少し風が出てきたが折戸湾や清水港は波が出ない。

出港して45分後には焼津の緯度付近まで南下したが風が吹き始めて白波が立った。
船長と協議の上、本日は中止。
明日に延期。また4時起きである。
DSCN1957.JPG

現在、駿河湾の湾口東部、波勝岬沖に流速計を設置してます。
水深610mの場所に海底立ち上げ式で約300mの系です。
係留系の一番浅い場所は海面下300m位となります。
海底から長さ300mの系が中空ブイで立ち上がっていて300m層よりも上には何もありません。
船で現場に行っても何があるか分かりません。

水産系大学の観測船に付いているようなスキャニングソナーがないと分からないでしょう。
科学漁探でも分からないと思う。

特定の周波数で特定のパルス音を発信すると返事をしてくれます。
また特定の音を出すと海底付近で火薬が爆発して系のおもりを切り離してウキや流速計が
浮上してきます。

あさ5時に起きてプリウスで峠を越えWBCで日本がキューバにリードしているのを聴きながら
スペースシャトルが打ち上げ直前と聞いて鼓舞されつつ桟橋(臨海実験場)へ。
かなり本人は盛り上がっていたのですが日にちを間違えていました。
予定は明日だった。汗。
明日は4時起きです。
ごはん、ちょうだいにゃん。

食事の後は、さぶちゃんと一緒に夕日を見つめた。
DSCN1955.JPG

ランドセン・リボトリールを離脱中です。
不眠や頭痛やゾクゾクとする震えが残っています。

本日、クリニックへ。
現在パキシルを40mg飲んでます。
今日からパキシルを30mgに減らしてプロチアデン50mgが追加された。

野球でたとえると、パキシルはライト線上で守る選手らしい。
今まで飲んでいたアモキサンはセンターのライト寄り。
新しい薬はアモキサンよりもちょっとライト寄りらしい。

ライト線上を守るやつは間抜けだよなと思いつつ聞き流した。
ところでライト線とセンターは何を意味するのかな?
セロトニンとかあれだよな。

薬剤師が同じ事を専門用語で説明してくれた。偶然w。
パキシルはSSRIセロトニン再取り込み阻害剤・・・セロトニン専門
ああ、ライト「線」ねwなるほど

プロチアデンはドーパミンとセロトニンと聞く範囲が広い。
ああセンターってドーパミンなのね
ライト寄りのセンターという説明が分かる。

さてどうなるかな?
seesaa.netで、うみガエルのダイエットブログというのもやってます。
最近は90kg前後で推移してます。
ジプレキサで過食症になったときは97kgまで行ったので何とか戻ってきました。
現在の目標は75kgですが、なかなか道は遠いです。

今日は、さぶちゃんのお散歩に一回つきあいました。
さぶちゃんありがとう。

家の中で探りを入れているたびぃさん。
お尻から臭いがしますw。
さぶちゃんが目で呼んでいたので、ビデオ撮影。
恒例の、鼻芸。
サービスでカメラぺろ。
イチローが打つと打線が劇的に変化するものだぁ
障子のトンネルをくぐってお城
かわいい

たまりません
精神科で甲状腺ホルモンの異常の有無を血液検査したのだが
案の定 高コレステロールを指摘された

総コレステロール(標準150-219mg/dl)が307
LDL換算値(標準90-130mg/dl)が207
やばす 汗

ダイエットする

富士川サービスエリアのスターバックス
開店当時から通勤のたびに朝晩よっていたら名前で呼ばれるお得意様に

SPGのプラチナプリファードやNWAのプラチナエリートよりも待遇がよい

今日は3月11日から新発売のストロベリークリームフラペチーノの告知をみていたら
「うみガエルさん、食べたことありますか?お時間があればお作りします。」
とうれしいオファー。お得意様ですね。
image090306.jpg
N905iμにて撮影

アイスクリームみたいにおいしかった
太りそうだけど食べちゃうな

水菜というと京野菜の水菜がメジャーになりました。
でも御殿場で水菜と言えばこれ。
DSCN1918.JPG
御殿場に「水菜」がやってきたのは明治頃と聞いています。
野沢菜が御殿場に持ち込まれたのです。

御殿場では富士山の湧水が豊富です。
冬場の水田に湧水を引いて雪や氷から水菜(野沢菜が起源)を育てるのです。
寒い御殿場の人々のアイディア農耕作物です。

通常は野沢菜と同様に漬け物にして食べます。
本家の野沢菜に比べると柔らかくてあくが少ない感じです。
おいしいですよ。
地元では生の菜っ葉を炒めたりお浸しにしても食べます。
こちらも良いです。

最近では京野菜の水菜がメジャーなので御殿場では
「水菜漬け」・「水掛け菜漬け」と銘打ってます。

我が家の障子は、時折何者かによって破られる。
犯人と目されるのは「よその猫」か「たびぃ」。
今日は現場が目認されてしまいました。
DSCN1916.JPG
犯人は、こちら。
DSCN1917.JPG
残念ながら犯人は、たびぃさんでした。

現在、知らぬ間に依存症となっているベンゾジアゼピン系抗不安薬(ランドセン・リボトリール)を
抜いているのですが、不眠に悩まされています。

昨日から今日に掛けては一睡もしてません。かなり疲れています。

一昨日から昨日に掛けては激しい頭痛をはじめとする離脱現象に悩まされました。

実は知らぬうちに(不勉強で)ベンゾジアゼピンを3日前の夜に飲んでしまったのです。
睡眠薬・催眠薬のマイスリーとリスミーを飲んだのです。次の日にしなければならない事
があり、深夜3時に飲みました。
マイスリーは非ベンゾジアゼピンで良かったのですがリスミー2mgはベンゾジアゼピン系催眠薬
でした。これが一昨日の離脱現象を引き起こしたのかもしれません。

現在は睡眠薬を飲んでいないので24時間以上起きています。疲れてます。
こういう日は燃費が悪くなりそうだから、じっと我慢。
DSCN1912.JPG
夜に更にまとまって降り積もりました
DSCN1913.JPG
道路も雪まみれ
DSCN1914.JPG

昼前から雪が降り始めて10cm以上の積雪です。
たびぃさん二階から雪の外へ。
屋根を伝って柿の木を降ります。
DSCN1908.JPG
滑り落ちないかひやひやしました。

無事に帰ってきました。
今度は一階から出撃。
車の下で雪やどりをしてほかの猫を待っているようです。
ベンゾジアゼピン系抗不安薬らしい
気がついたら数年間飲み続けていた
まったく知らなかったのだがランドセンもしくはリボトリールの依存性は麻薬並みらしい 汗

薬漬けだった僕の処方例
アモキサン25mg、トレドミン50mg、トリプタノール50mg、ランドセン0.5mg、マグミット660mg
朝に加えることのパキシル40mg
トリプタノール50mg

転院した先の病院でのファーストミッション
朝:アモキサン25mg
夕:アモキサン25mg+パキシル40mg
に減薬。
主治医「ベンゾジアゼピン系の中でもランドセンの断薬はきつい。場合によっては一月かかる。離脱は厳しいです。」
私「うつの苦しさに比べれば・・・」

ランドセン1mgを突然辞めるのですから大変です。
新しい病院の主治医は二日後の来院を指定。

通常は、かなり苦しいらしいのだが離脱症状はでなかった。
「楽勝じゃん」と意気揚々と来院
主治医は甲状腺ホルモンの異常があるか調べるので採血
さらに処方からアモキサンが消えて

パキシル40mgのみの処方に変わる
次は一週間後に来院予約
主治医「この一週間で離脱現象が出なければ大丈夫でしょう(ニヤリ)」
私「そうですね(ニヤリ)」

結論から言うと主治医の(ニヤリ)が勝利
この日から不眠(入眠困難)・抑うつが出始める
さらに次の日(昨日)は、頭痛や不安感増大が加わる
入眠できないわぁ浅い眠りだわぁ頭痛だわぁ不安感で苦しかった(離脱現象のピークであってほしい)これに手足の震え、足の痺れ、皮膚の過敏、視覚異変w

結局、今日の昼過ぎに一時間の深い眠り 目覚めると不安感や抑鬱そして頭痛がさっぱりと消える
元気になったのでこのブログを書いている
昨夜までは数分でネットサーフィンも辞めてしまうくらい元気がなかったw

これでベンゾジアゼピン系抗不安薬から解放されますように
もうランドセン捨てちゃったからどうあがいても戻れないけどねw
NHKスペシャル「うつ病治療 常識が変わる」
2009年02月22日放送

この番組では、鬱病治療が長期にわたってしまっている幾つかのケースが紹介された。
  • 不必要に多種・多量の抗うつ薬が処方されている
  • 診断の難しい鬱病
  • ベンゾジアゼピン系抗不安薬
この番組を見て。自分の処方を見直してみた。

アモキサン 25mg 3錠
トリプタノール 25mg 1錠
トレドミン 25mg 2錠
ランドセン 0.5mg 1錠

夕方
朝の処方+パキシル 20mg 2錠

ジプレキサ
トリプタノール 25mg 2錠

まさに多種・多量・ベンゾジアゼピン系抗不安薬(笑)
これをみて、難治な僕の鬱病の原因の一部が垣間見れた。
友人が一生懸命紹介してくれていたクリニックに転院する決意をした。

DSCN1886.JPG

まだ、たびぃさんとは未遭遇ですが勝手に兄貴分となってもらっている、ちっぷ星人。
たびぃちゃんよりかなり年上。
体も大きいです。

Movable Type 4.24セキュリティーアップデートが2月27日に公開されました。
体調が良くなったので本日アップグレードをしました。

しかし失敗しましたw
アプリケーションディレクトリの名称を変更したのに、mt-config.cgiの中のpathを変更しないで
アップグレードを実行してしまったことが原因。MySQLのデータベースのパスが狂ってしまい
画像(アイテム)のリンク不良。
ブログの文章は再現できたが画像がデットリンクとなる。

しょうがないので4.24を新規インストールしてMySQLデータベースを初期化
念のためエクスポートてあったMT形式のブログ記事をインポート
画像を前のブログからの相対パスが同じディレクトリにアップロード

テンプレートとかファビコン、Google Analyticsなどを再設定
どうにか復旧しました

このアーカイブについて

このページには、2009年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年2月です。

次のアーカイブは2009年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。