NHKスペシャル「うつ病治療 常識が変わる」を見て

NHKスペシャル「うつ病治療 常識が変わる」
2009年02月22日放送

この番組では、鬱病治療が長期にわたってしまっている幾つかのケースが紹介された。
  • 不必要に多種・多量の抗うつ薬が処方されている
  • 診断の難しい鬱病
  • ベンゾジアゼピン系抗不安薬
この番組を見て。自分の処方を見直してみた。

アモキサン 25mg 3錠
トリプタノール 25mg 1錠
トレドミン 25mg 2錠
ランドセン 0.5mg 1錠

夕方
朝の処方+パキシル 20mg 2錠

ジプレキサ
トリプタノール 25mg 2錠

まさに多種・多量・ベンゾジアゼピン系抗不安薬(笑)
これをみて、難治な僕の鬱病の原因の一部が垣間見れた。
友人が一生懸命紹介してくれていたクリニックに転院する決意をした。

DSCN1886.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.umigaeru.com/mt-tb.cgi/151

コメントする

このブログ記事について

このページは、うみガエルが2009年3月 2日 20:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ちっぷ親分」です。

次のブログ記事は「ランドセン・リボトリールからの離脱」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。