ランドセン・リボトリールからの離脱

ベンゾジアゼピン系抗不安薬らしい
気がついたら数年間飲み続けていた
まったく知らなかったのだがランドセンもしくはリボトリールの依存性は麻薬並みらしい 汗

薬漬けだった僕の処方例
アモキサン25mg、トレドミン50mg、トリプタノール50mg、ランドセン0.5mg、マグミット660mg
朝に加えることのパキシル40mg
トリプタノール50mg

転院した先の病院でのファーストミッション
朝:アモキサン25mg
夕:アモキサン25mg+パキシル40mg
に減薬。
主治医「ベンゾジアゼピン系の中でもランドセンの断薬はきつい。場合によっては一月かかる。離脱は厳しいです。」
私「うつの苦しさに比べれば・・・」

ランドセン1mgを突然辞めるのですから大変です。
新しい病院の主治医は二日後の来院を指定。

通常は、かなり苦しいらしいのだが離脱症状はでなかった。
「楽勝じゃん」と意気揚々と来院
主治医は甲状腺ホルモンの異常があるか調べるので採血
さらに処方からアモキサンが消えて

パキシル40mgのみの処方に変わる
次は一週間後に来院予約
主治医「この一週間で離脱現象が出なければ大丈夫でしょう(ニヤリ)」
私「そうですね(ニヤリ)」

結論から言うと主治医の(ニヤリ)が勝利
この日から不眠(入眠困難)・抑うつが出始める
さらに次の日(昨日)は、頭痛や不安感増大が加わる
入眠できないわぁ浅い眠りだわぁ頭痛だわぁ不安感で苦しかった(離脱現象のピークであってほしい)これに手足の震え、足の痺れ、皮膚の過敏、視覚異変w

結局、今日の昼過ぎに一時間の深い眠り 目覚めると不安感や抑鬱そして頭痛がさっぱりと消える
元気になったのでこのブログを書いている
昨夜までは数分でネットサーフィンも辞めてしまうくらい元気がなかったw

これでベンゾジアゼピン系抗不安薬から解放されますように
もうランドセン捨てちゃったからどうあがいても戻れないけどねw

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.umigaeru.com/mt-tb.cgi/141

コメント(4)

私も薬を完全に辞めるのに、2か月かかりました。

辛いですよね...

二ヶ月もかかるのですか?
僕は不眠症になっちゃいました

1ヶ月でお薬を辞めさせてくれるなんて、
だいぶ早いですね?。
しかも除々に減約していくのが普通なのに、
いきなり断薬ですか。

ちょっとお薬の使い方(処方のされ方)が不安なので、
この際思い切って転院されてはいかがですか?

まぁ、もう少し様子を見て、
ご自分に合いそうであれば良いのですが…。

クリニックによっては、
不要なお薬も過剰に処方して儲けを考える
ちょっとあくどい所もありますので、
本当にきちんと探された方がいいですよ。

いままで行っていた病院が薬が多すぎだったので
儲けを考えていたのかもしれません。

いまのクリニックには、まだ二回しか行ってないので
様子を見てみます。

コメントする

このブログ記事について

このページは、うみガエルが2009年3月 2日 22:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「NHKスペシャル「うつ病治療 常識が変わる」を見て」です。

次のブログ記事は「たびぃさん雪の世界へ出陣」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。