御殿場で「水菜」といえば

水菜というと京野菜の水菜がメジャーになりました。
でも御殿場で水菜と言えばこれ。
DSCN1918.JPG
御殿場に「水菜」がやってきたのは明治頃と聞いています。
野沢菜が御殿場に持ち込まれたのです。

御殿場では富士山の湧水が豊富です。
冬場の水田に湧水を引いて雪や氷から水菜(野沢菜が起源)を育てるのです。
寒い御殿場の人々のアイディア農耕作物です。

通常は野沢菜と同様に漬け物にして食べます。
本家の野沢菜に比べると柔らかくてあくが少ない感じです。
おいしいですよ。
地元では生の菜っ葉を炒めたりお浸しにしても食べます。
こちらも良いです。

最近では京野菜の水菜がメジャーなので御殿場では
「水菜漬け」・「水掛け菜漬け」と銘打ってます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.umigaeru.com/mt-tb.cgi/163

コメントする

このブログ記事について

このページは、うみガエルが2009年3月 4日 17:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「たびぃさん、家政婦に目撃される。」です。

次のブログ記事は「スタバのお得意様。ストロベリークリームフラペ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。