ライト線の謎

ランドセン・リボトリールを離脱中です。
不眠や頭痛やゾクゾクとする震えが残っています。

本日、クリニックへ。
現在パキシルを40mg飲んでます。
今日からパキシルを30mgに減らしてプロチアデン50mgが追加された。

野球でたとえると、パキシルはライト線上で守る選手らしい。
今まで飲んでいたアモキサンはセンターのライト寄り。
新しい薬はアモキサンよりもちょっとライト寄りらしい。

ライト線上を守るやつは間抜けだよなと思いつつ聞き流した。
ところでライト線とセンターは何を意味するのかな?
セロトニンとかあれだよな。

薬剤師が同じ事を専門用語で説明してくれた。偶然w。
パキシルはSSRIセロトニン再取り込み阻害剤・・・セロトニン専門
ああ、ライト「線」ねwなるほど

プロチアデンはドーパミンとセロトニンと聞く範囲が広い。
ああセンターってドーパミンなのね
ライト寄りのセンターという説明が分かる。

さてどうなるかな?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.umigaeru.com/mt-tb.cgi/170

コメントする

このブログ記事について

このページは、うみガエルが2009年3月13日 21:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ダイエットブログの紹介」です。

次のブログ記事は「たびぃさん、ごはんがほしいのぉ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。