この時期の駿河湾の天気

午後になると風が吹き出して危険な状態になることが多い。
だから普段は朝9時以降に運行している小型舟艇の出発時間を特別に早めて朝7時出航。
荷物の積み込みなどもあるので自宅を4時30分過ぎに出る。

雪を蓄えた富士山が月の光で照らされていた。
由比付近からみた駿河湾はさざ波程度。

超音波切り離し装置の船上局やトランスデューサー、コンテナなどを船に積載。
少し風が出てきたが折戸湾や清水港は波が出ない。

出港して45分後には焼津の緯度付近まで南下したが風が吹き始めて白波が立った。
船長と協議の上、本日は中止。
明日に延期。また4時起きである。
DSCN1957.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.umigaeru.com/mt-tb.cgi/169

コメントする

このブログ記事について

このページは、うみガエルが2009年3月17日 14:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「流速計の回収」です。

次のブログ記事は「流速計の揚収」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。