流速計の揚収

流速計(ADCP)の回収が漸くできました。
出航直後にJAMSTECの「ちきゅう」に遭遇、でかいはずなのに小さく見えました。
背後には淡く浮かび上がる雪の富士山。
DSCN1961.JPG
現場には二時間半ほどで到着。
超音波切り離し装置、船上局からハイドロホン(トランスデューサー)でコール
返事あり。測距、575m。ほぼ真上。
切り離しコマンドをかける。切り離し装置からコマンド受信および実行の返事。
数十秒後、物理的に切り離し完了の返事。
5分後にブイの浮上を確認。
DSCN1963.JPG
悪戦苦闘の末、腰痛と引き替えに流速計と切り離し装置、ウキ(浮子)などを揚収
DSCN1964.JPG
かなり年季が入ってきました。
RD社製のナローバンドADCP。
世界でも使っているのは僕だけかも。
皆さん新型を使っていそう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.umigaeru.com/mt-tb.cgi/168

コメントする

このブログ記事について

このページは、うみガエルが2009年3月18日 21:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「この時期の駿河湾の天気」です。

次のブログ記事は「カロリー摂取祭り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。