小型舟艇で駿河湾フェリー航路を観測

日本の大学は観測船を奪われつつある
国立大学法人の観測船は海洋開発機構に移管されたり
私立大学の観測船は予算不足であっぷあっぷ

今後は環境系分野である海洋学も冬の時代になるのかな
小型舟艇も使えなくなっていくのであろうか?
DSCN1975.JPG
北斗
DSCN1976.JPG
南十字
両船とも中古漁船出身の割にがんばっています
東京大学の大槌の「弥生」みたいな観測専用船とは違いますが 汗

DSCN1977.JPG
信頼のブランド シーバードのCTD(深さごとの塩分や水温を測る機械)

DSCN1978.JPG
富士山が見守る 駿河湾の海
DSCN1980.JPG
土肥沖でプランクトンのブルーミングを確認


?
富士山がきれい
DSCN1981.JPG
駿河湾フェリーの航路に沿って観測をしました

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.umigaeru.com/mt-tb.cgi/177

コメントする

このブログ記事について

このページは、うみガエルが2009年3月25日 23:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「追い出された海洋観測備品たち」です。

次のブログ記事は「興津第二埠頭に「ちきゅう」接岸」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。