CGI RESCUEさんのアクセス解析を改造

久しぶりにアクセス解析CGIを改造した.
言語はPerl.

最近人気のChrome,Firefox,Safari、Sleipnir対応にした.
具体的には
elsif ($HTTP_USER_AGENT =~ /Chrome?/) {

$HTTP_USER_AGENT ="Chrome";
}
elsif ($HTTP_USER_AGENT =~ /Safari?/) {

$HTTP_USER_AGENT ="Safari";
}
elsif ($HTTP_USER_AGENT =~ /Firefox?/) {

$HTTP_USER_AGENT ="Firefox";
}
を追記.

またWindows Vista , Windows 7、Mac_OS_X対応にした.
具体的には
elsif ($HTTP_USER_AGENT =~ /Wind?o?w?s? ?NT ?6.0/i) { $OS = 'Windows Vista'; }
elsif ($HTTP_USER_AGENT =~ /Wind?o?w?s? ?NT ?6.1/i) { $OS = 'Windows 7'; }
elsif ($HTTP_USER_AGENT =~ /MacOSX/i) { $OS = 'Mac_OSX'; }
を追記.

昔、改造したのはデータ保管日数を60日に増やしてanalyze画面の表示を10日分に・・・
保存するIPやホスト名を完全な形にして*表示なし。6階層でも表示できるようにした。

診断くんなどで環境変数を確認してみたがMacOSXってありかな?
追記:クロームがVer.2を出したので
elsif ($HTTP_USER_AGENT =~ /Chrome\/(\d)\./) {
?$HTTP_USER_AGENT ="Chrome/$1";
}

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.umigaeru.com/mt-tb.cgi/209

コメントする

このブログ記事について

このページは、うみガエルが2009年5月 8日 20:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「spam mail スパムメール対策」です。

次のブログ記事は「脂肪のかたまりのようなアテローマ:粉瘤腫が腫れて痛い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。