2009年6月アーカイブ

感染症を起こしてしまい激痛で通院を始めたのですが、原因は粉瘤(ふんりゅう)でした。

大学の紹介で通院した二軒目では血膿をメスで切開してしてくれた。

おかげでだいぶ楽になりました。膿がなかなか止まらなくて大変でしたが(笑)。

http://blog.umigaeru.com/2009/05/post-144.html

http://blog.umigaeru.com/2009/05/atheroma.html

 

あれから数週間が経過して傷口もふさがりました。

直径5cmくらいと巨大だったしこりも2cm以下になりました。

皮膚も含めて粉瘤腫(ふんりゅうしゅ:アテローム:アテローマ)を摘出する事になりました。

事前の説明では最大幅1cm程度、長さ3から4cm程度の眼のような形で切開して

皮膚も含めて袋(嚢?)を摘出。部分麻酔。手術時間30分程度とのことです。

 

手術台に載ってから始まるまでが長く感じました。始まってからも消毒とか洗浄が長かった

と思います。いよいよ麻酔(局所麻酔)をぶすりと注さされる。ちょっと痛い。

数カ所。3.5cc注入された。薬品名は忘れました。(聞き取れなかったのかもしれない)

電気メスは強さが5でした。切開が始まっても全然痛くない。

痛くなさ過ぎて逆に怖かった。局部麻酔すごい。電気メス強度8に。

 

しかーし、突然、激痛が走る。先生曰く、深すぎて麻酔が効かない場所だったらしい。

さらに1ccの麻酔薬を注射。痛みはほとんど無くなった。ちょっと痛いけどね。

なんでも想定以上に根が深かったようです。過去(2,3年前)にも感染したが自分で絞った

事もあるし、今回の感染炎症もあるし根が張ってしまったのでしょう。

ネットで見ると線維とかいう根らしい。

摘出物を見せてもらったが確かに鉛直方向に長かった(深い)。なぜか黄色い固まりでした。

赤い肉片の下に丸い黄色い塊があった。粉瘤の袋と言うよりも脂肪のそれに似ていた。

ネットで見た粉瘤の袋は黒っぽかったよね。脂肪は黄色かったし。

でも根っこが黄色かったのかも根w。

根が深かったので手術は一時間もかかってしまった。

止血、縫合、ゲンタシン塗布。ガーゼを貼って、抗生物質(セフゾン)と痛み止め(ハイペン)

の処方をもらって帰宅。

 

結局、午後から仕事をして、残業をして帰宅。

当日はお風呂はだめ。次の日の夜はシャワーがよいそうです。

金曜日に手術をしましたが、月曜日に傷を見せに行く予約を取りました。

 

ps。粉瘤の内容物の独特な臭いが好きなので摘出物をもらおうかな?と思ってました

が、病理検査に出すと言うし・・・言い出せなかった。

マザーボードの再起動、すなわち電源を抜いて電池を抜いて放置後に電池と電源を入れ直す。

でパソコンのBIOSが復活しました。BIOS用のCPUがハングアップしていたようです。

普段XPやVistaを使っているのでウイルス対策をしないと気持ちが悪いです。

Linuxは基本的にファイル属性の設定などが細やかなのでウイルスには強いのだけどね。

またシェアも低いしディストリビューションも種類が多いのでさらに安心だけどね。

 

さて以前もAVGのFree edition 8.5 for linuxをubuntu9.04に入れようとしたのだけれど

うまく入らなかった。GUIが無くなったようですし。またblogを読んでいるとubuntu8.10では

GUIがあったのに9.04にアップグレードしたら無くなったという話も見ます。

インストールできないという話もあります。

https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?pid=30444

 

そこで今回は無料ウイルス対策のもう一つの雄。Avast! antivirus home editionを試す。

http://www.avast.com/jpn/download-avast-for-linux-edition.html

ここからavast4workstation_1.3.0-2_i386.debをダウンロードしてインストール

homeエディションのユーザー登録をしてキーを獲得

実行するとキーが求められて、入力すると利用できました。

アプリケーションのアクセサリーにランチされます。ちゃんと動きます。

やはりウイルスは検知されませんw。

http://80286.blog62.fc2.com/blog-entry-56.html

movable type 4.26が公開されたので早速アップグレード
標準のスパムフィルターだけでスパムトラックバックなどを防げているようです

追記:一週間もたたないうちにmt バージョン4.261がリリースされました。

早速、小粋空間の手法に従ってアップグレードしました。

http://www.koikikukan.com/archives/4261.php

この手法はmovable type公式の手法を丁寧に解説をしてあります。


いままで何回かやってうまくいかなかったのですが原因は写真を入れていた

フォルダがmtのアプリケーションフォルダ内にあって、それを新フォルダに

移動してなかったからでした。またデザインのcssは指定しなおす必要がある

様です。


 

現在、50代60代の人はアメリカの戦後政策に見事にはまっている人が多い。

洗脳ですね。その人達は日本が侵略国家でないといけないのだ。

また特徴として口先だけの平和主義者でもある。旧日本軍の話などをしてみると分かる。

突然人格が変わって攻撃的口調や表情に豹変する。

口では過去の軍国主義がどうのと言うが自分が好戦的・威圧的なのに気がつかない。

常に上から目線で、過去の日本軍の悪事に疑問のぎの字でも言おうものなら・・・

強制的に教育モードもしくは軽蔑モードになる。

 

私が思うに彼らがこうなってしまったのはGHQの洗脳プログラムだけではない。

戦後、責任をなすりつけるのに天皇と軍部というのは楽すぎたのだ。

天皇と軍部に責任を押しつけることで思考停止と責任放棄をしたのだ。

本来は国民にも責任はあるのだ。

 

当時の国際情勢や欧米日本の植民地経営を見ると、戦後の平和主義者と当時の日本に

よく似た愛の形を見ることが出来る。

欧米型の搾取植民地に対抗して友愛型植民地経営をした。当時の日本人は未開のアジア

諸国に愛を押しつけた。もちろん上から目線で。当時の日本人は本気で朝鮮半島や満州

台湾を日本同様にしようとしていた。理解されない押しつけの愛です。

現在の日本の口だけ平和主義者も同じ。理解されない愛を周りに押しつけようとしている。

現在の日本の口だけ平和主義者は、周りの哀れな右翼分子を教育したり陥れることで

愛を表現している。また核武装した北朝鮮にも愛を説こうとしている。

 

さて本題に入るが、口だけ平和主義者達の恐ろしさは彼らの被洗脳性やマスコミの盲信

にあるのだ。私が一番恐れているのは口だけ平和主義者の応答である。

彼らの行動パターンを分析すると家族や恋人が悪漢に襲われた場合、警察に頼るのだ。

すなわち日本が戦時になると自衛隊に闘わせるのだ。さらにマスコミ依存を考えると

軍拡の道を支援してしまう可能性がある。朝日新聞などは戦前には戦争を煽り、戦後は

洗脳を続ける。まさにミスリード。こういう形の軍拡がもっとも怖い。

軍拡や軍の議論は平時に行って欲しいものだ。

 

また日本は過去に侵略国家でなければならないのにも困る。当時の情勢からすれば

侵略行為がデフォルトであって欧米はまさに侵略国家。日本は、搾取型の植民地政策

ではなかったのでむしろ解放戦線といった感じ。(まぁこの辺りは今後議論が必要だ)

白人支配に対する抵抗勢力であったのは間違いない。

 

一番困るのは、口だけ平和主義者達が日本国憲法の優秀性を自負しすぎて上から目線で

他国の憲法を馬鹿にしている点である。世界中の憲法は平和憲法なのに日本だけが

平和憲法だと思っている。そもそも日本国憲法は機能していないので憲法ではない。

戦後、日本が戦争に巻き込まれていないのは憲法を変えなかったからではないのである。

すでに憲法は解釈改憲をされてしまっている。

またアメリカの強力な核の傘や自衛隊という名の軍隊のにらみによるものも大きい。

 

これらの事を考慮すると日本は今後、バランスの取れた日本軍を必要としている。

現在の自衛隊はバランスが良くとれていると思う。専守防衛という理想を追いかけている。

過剰な兵力を持ち合わせていない。もちろん核武装もしていない。

ただし気をつけないといけないのは日本国憲法では自衛隊もしくは日本軍の存在が

考慮されていないため、いくらでも軍事行動が可能なのだ。

バランスの取れた自衛隊もしくは日本軍を維持し侵略国家に変貌しないためにも

法的などの制約が必要。なのに口だけ平和主義者がかたくなに軍事法制の議論を邪魔する。

 

口だけ平和主義者は憲法九条を読んで自衛権があるとほざく。誰がどう読んでも軍隊や

自衛隊は存在すら否定されているのに。怪しい憲法解釈で自衛隊を合憲にしてしまう。

真の平和主義、反戦主義の理想を守るために他国の侵略に武力で立ち向かわないなら

良くわかる。北朝鮮に侵略され家族が強姦や殺害されても見守るだけなら分かる。

自衛隊やアメリカ軍や国連軍、平和を希求する周辺国に武力の支援を受けるのはおかしい。

 

僕が恐れているのは、現在の憲法は義務教育が終わった中学卒業生が読んで、

どう考えても自衛隊が違憲なのに放置している点である。放置どころか国連軍に参加したり

国際警備活動をしたり海外派兵しているのである。

僕が韓国、北朝鮮、中国、台湾だったら日本は信用ならない。軍隊を持っているのに

持っていないと言い張っている。しかも変な平和主義者達が居て平和憲法だと上から目線。

ギャグですか?平和憲法と言えば言うほどうさんくさい。守る気がないなら守れる憲法にしなさい。

 

さて僕の考えを電波発信。

日本は日本国憲法を守って非武装化する。そしてガンジー風というか座して死を待つ、

同情される国になる覚悟を持つ。もしくは憲法改正をして自衛権の行使を明言する。

僕の希望では北朝鮮が核ミサイルを日本に着弾させても日本の領海から外へは出ない。

日本は核武装しない。平和維持には核武装が手っ取り早く安上がりだが外交努力

諜報活動をフルに利用して非武力での紛争解決を目指す。その交渉の優位を作るために

強力な通常兵力を保有する。兵器開発や輸出も自由化する。

基本的に攻撃されたら終わりですが(笑)攻撃されないようなにらみを持つ。

かといって他国への攻撃は国民が反対するように道徳勉強をする。憲法で日本軍を縛る。

 

なんかまとまりが悪いですね。未完成だなこの文章。

 

とにかく今、九条を盲信している人たちは戦争が始まると暴走するので注意しましょう。

きっと「自衛隊は何をしている」とか「北朝鮮を爆撃しろ」とか言うでしょう。

上から目線とか、好戦的言論で相手に議論すらさせない人たちですから(苦笑)。

だめです。日本は専守防衛で行きましょう。いまの日本に諜報活動などを加えていけば

良いと思っているのです。外交力で紛争を解決しましょう。

ゾロフトの日本版Jzoroft(ジェイゾロフト)を飲んでますが量が中途半端なのでいまいち。
現在、100mg/dayです。日本の法律の上限値です。
しかし、海外では200mg/dayまで処方されています。
ジェイゾロフトは、かなり良い薬だと思う。もう少し飲めたら、もっと楽になりそう。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬を死ぬ思いで抜いて、パキシルも抜いていろいろ薬を試しているけど
なかなか合う薬に出会えません。ジェイゾロフトはかなりよさげですが量が足りない。
パキシルもなかなか良いけどいまいち。

現在は、100mg/dayのジェイゾロフトでがんばってます。
うつの症状なのか?不眠症です。(特に入眠困難)あと目覚めが良くない。
しかし、超がんばって早起きして無理矢理働いてます。
はっきり言って通常の仕事でも相当つらいのですがバイトも始めました。

朝は痺れるような感覚とともに目覚ましと戦い、負けて起きる。いや勝ったのかもしれない。
休みの日は20時間くらい寝てしまうので数時間の睡眠で起きて働いているのだ
勝ちかな?負けだよね。つらい。
それでも働ける喜びはあるよね。でも研究には手が着かない。困った。

このアーカイブについて

このページには、2009年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年5月です。

次のアーカイブは2009年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。