なぜ日本は侵略国家でなければならないのか?

現在、50代60代の人はアメリカの戦後政策に見事にはまっている人が多い。

洗脳ですね。その人達は日本が侵略国家でないといけないのだ。

また特徴として口先だけの平和主義者でもある。旧日本軍の話などをしてみると分かる。

突然人格が変わって攻撃的口調や表情に豹変する。

口では過去の軍国主義がどうのと言うが自分が好戦的・威圧的なのに気がつかない。

常に上から目線で、過去の日本軍の悪事に疑問のぎの字でも言おうものなら・・・

強制的に教育モードもしくは軽蔑モードになる。

 

私が思うに彼らがこうなってしまったのはGHQの洗脳プログラムだけではない。

戦後、責任をなすりつけるのに天皇と軍部というのは楽すぎたのだ。

天皇と軍部に責任を押しつけることで思考停止と責任放棄をしたのだ。

本来は国民にも責任はあるのだ。

 

当時の国際情勢や欧米日本の植民地経営を見ると、戦後の平和主義者と当時の日本に

よく似た愛の形を見ることが出来る。

欧米型の搾取植民地に対抗して友愛型植民地経営をした。当時の日本人は未開のアジア

諸国に愛を押しつけた。もちろん上から目線で。当時の日本人は本気で朝鮮半島や満州

台湾を日本同様にしようとしていた。理解されない押しつけの愛です。

現在の日本の口だけ平和主義者も同じ。理解されない愛を周りに押しつけようとしている。

現在の日本の口だけ平和主義者は、周りの哀れな右翼分子を教育したり陥れることで

愛を表現している。また核武装した北朝鮮にも愛を説こうとしている。

 

さて本題に入るが、口だけ平和主義者達の恐ろしさは彼らの被洗脳性やマスコミの盲信

にあるのだ。私が一番恐れているのは口だけ平和主義者の応答である。

彼らの行動パターンを分析すると家族や恋人が悪漢に襲われた場合、警察に頼るのだ。

すなわち日本が戦時になると自衛隊に闘わせるのだ。さらにマスコミ依存を考えると

軍拡の道を支援してしまう可能性がある。朝日新聞などは戦前には戦争を煽り、戦後は

洗脳を続ける。まさにミスリード。こういう形の軍拡がもっとも怖い。

軍拡や軍の議論は平時に行って欲しいものだ。

 

また日本は過去に侵略国家でなければならないのにも困る。当時の情勢からすれば

侵略行為がデフォルトであって欧米はまさに侵略国家。日本は、搾取型の植民地政策

ではなかったのでむしろ解放戦線といった感じ。(まぁこの辺りは今後議論が必要だ)

白人支配に対する抵抗勢力であったのは間違いない。

 

一番困るのは、口だけ平和主義者達が日本国憲法の優秀性を自負しすぎて上から目線で

他国の憲法を馬鹿にしている点である。世界中の憲法は平和憲法なのに日本だけが

平和憲法だと思っている。そもそも日本国憲法は機能していないので憲法ではない。

戦後、日本が戦争に巻き込まれていないのは憲法を変えなかったからではないのである。

すでに憲法は解釈改憲をされてしまっている。

またアメリカの強力な核の傘や自衛隊という名の軍隊のにらみによるものも大きい。

 

これらの事を考慮すると日本は今後、バランスの取れた日本軍を必要としている。

現在の自衛隊はバランスが良くとれていると思う。専守防衛という理想を追いかけている。

過剰な兵力を持ち合わせていない。もちろん核武装もしていない。

ただし気をつけないといけないのは日本国憲法では自衛隊もしくは日本軍の存在が

考慮されていないため、いくらでも軍事行動が可能なのだ。

バランスの取れた自衛隊もしくは日本軍を維持し侵略国家に変貌しないためにも

法的などの制約が必要。なのに口だけ平和主義者がかたくなに軍事法制の議論を邪魔する。

 

口だけ平和主義者は憲法九条を読んで自衛権があるとほざく。誰がどう読んでも軍隊や

自衛隊は存在すら否定されているのに。怪しい憲法解釈で自衛隊を合憲にしてしまう。

真の平和主義、反戦主義の理想を守るために他国の侵略に武力で立ち向かわないなら

良くわかる。北朝鮮に侵略され家族が強姦や殺害されても見守るだけなら分かる。

自衛隊やアメリカ軍や国連軍、平和を希求する周辺国に武力の支援を受けるのはおかしい。

 

僕が恐れているのは、現在の憲法は義務教育が終わった中学卒業生が読んで、

どう考えても自衛隊が違憲なのに放置している点である。放置どころか国連軍に参加したり

国際警備活動をしたり海外派兵しているのである。

僕が韓国、北朝鮮、中国、台湾だったら日本は信用ならない。軍隊を持っているのに

持っていないと言い張っている。しかも変な平和主義者達が居て平和憲法だと上から目線。

ギャグですか?平和憲法と言えば言うほどうさんくさい。守る気がないなら守れる憲法にしなさい。

 

さて僕の考えを電波発信。

日本は日本国憲法を守って非武装化する。そしてガンジー風というか座して死を待つ、

同情される国になる覚悟を持つ。もしくは憲法改正をして自衛権の行使を明言する。

僕の希望では北朝鮮が核ミサイルを日本に着弾させても日本の領海から外へは出ない。

日本は核武装しない。平和維持には核武装が手っ取り早く安上がりだが外交努力

諜報活動をフルに利用して非武力での紛争解決を目指す。その交渉の優位を作るために

強力な通常兵力を保有する。兵器開発や輸出も自由化する。

基本的に攻撃されたら終わりですが(笑)攻撃されないようなにらみを持つ。

かといって他国への攻撃は国民が反対するように道徳勉強をする。憲法で日本軍を縛る。

 

なんかまとまりが悪いですね。未完成だなこの文章。

 

とにかく今、九条を盲信している人たちは戦争が始まると暴走するので注意しましょう。

きっと「自衛隊は何をしている」とか「北朝鮮を爆撃しろ」とか言うでしょう。

上から目線とか、好戦的言論で相手に議論すらさせない人たちですから(苦笑)。

だめです。日本は専守防衛で行きましょう。いまの日本に諜報活動などを加えていけば

良いと思っているのです。外交力で紛争を解決しましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.umigaeru.com/mt-tb.cgi/221

コメント(2)

難しいお話です!
武器を持たなければ不安に狩られる。
武器を持てば叱られる。
使わないよ!と笑顔で銃を持ってる感じでしょうか。
恐いですね!
自衛隊さんは国を守る人ではなくて国民を守る人であってほしいものです。

自衛隊は国民側を見てます。
ある意味軍隊じゃないかもね。
世界中の人が戦争嫌いなのに無くならない不思議。

コメントする

このブログ記事について

このページは、うみガエルが2009年6月 4日 23:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Jzoroft(ジェイゾロフト)が中途半端な量で仕事が大変」です。

次のブログ記事は「movable type 4.26 & 4.261」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。