2014年4月アーカイブ

クラシックからヘヴィーメタルまで幅広く聞きますが、カートコバーンが加入していたことで有名な3ピースバンドNIRVANAの曲が好きだった。1990年代初頭の当時はグランジロックと呼ばれていて日本でもグランジ系は人気であった。

私もNIRVANAが好きであったが、大音量で聴いたときの恍惚感がすばらしいのだ、静かめで歌っていたのが力強い歌になって最後には狂ったかのような絶叫、そして元に戻る。ワンテイク録り無修正が好きなバンドだったので緊張感もあった。

その後、双極性障害を患って治療を受けていて毎日飲んでいるリーマス(炭酸リチウム)とNIRVANAの名曲Lithiumが関連していることに気が付いた。ニルヴァーナの曲調は双極性障害( Bipolar disorder )そのものだし、カート・コバーンの自殺も双極性障害の特徴だと繋がってしまった。

高校生ぐらいの頃、排便時にずっと出血が続いていた。

痔だろうと思っていたが、なかなか止まらない。

話を聞いた家族も心配するし、ただの痔であることを確認するために病院に行くことになった。

お尻に指を入れられたり気持ち悪い思いをした後、母だけ診察室に呼ばれて私は待合室で待たされた。

なかなか怖い時間を過ごした。痔であることを祈って。

扉が開いて、母が力なく私の名を呼んですぐに気絶して倒れた。

看護婦さんがお母さんのあなたがしっかりしないでどうするのと励ましていた。

大きな病院で検査をするまでに数日間は死生観の哲学が身についた。

このアーカイブについて

このページには、2014年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年2月です。

次のアーカイブは2015年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。