2016年4月アーカイブ

最初野良猫だった、ふぅちゃん。約8年の軌跡。

約八年前のクリスマスイブに、野良猫がやってきた。
その後も半年くらい通うようになり、夜は二階の窓から私の部屋に。
そして我が家の、ふぅちゃんになった。
The Strange cat wandering around my house on 24th Dec 2008.
The stray cat become the cat Foo.
She is the Foo cat.

By Nikon COOLPIX S600

学会 → オタサー

学会のマドンナ → オタサーの姫

学会の大会 → オフ会

論文投稿 → 同人誌

国際誌投稿 → メジャーデビュー的

研究設備投資 → 課金アイテム

合同学会→夏コミ

scopus → google

被引用数 → いいねの数

考え出すと他にもたくさんありそう

富士山には強風時に笠雲や吊し雲ができますが、下層大気との間に風速差や

密度差があると珍しい雲が現れます。まるでギリシャ文字のラムダ(λ)のような

恐竜ともうなだれた人間とも思える形です。イルカのひれにも似ている。

ネットスラングで言うところのトボトボ歩くさま。

富士山の周りをとぼとぼ歩く、かわゆい雲たちw。

Vortex by the Kelvin-Helmholtz instability in the cloud around Mount Fuji, Japan.

Movie speed: x4 of real
0:10 the waves had growing, left side of screen.
0:26 form the vortex
1:01 re-play the real speed (x1)
富士山笠雲とケルビン(ケルヴィン)・ヘルムホルツ不安定の渦 4倍速
vortex of Kelvin-Helmholtz instability in clouds with Lenticular Clouds

富士山の笠雲には様々な姿があって飽きません。

笠地蔵にかけたような傘とか笠の様なくも。

レンズ型だったりするつるし雲。

富士山は孤立した単独峰だから風がぶつかった後の流れも独特。

連邦のように筋状の峰を持つ波を起こすのではなく、スポット状の並みの峰を

つくる。この峰に雲ができると笠雲だったり吊し雲だったりする。

富士山上空に一個目の波の峰ができて水蒸気が現れて、笠雲っぽくなる。

また下流にはいくつか吊し雲や峰のような雲ができる。

私は、雲の子供だと読んでいる。

このアーカイブについて

このページには、2016年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。