ケルビン-ヘルムホルツ不安定起因の綺麗な非線形波(渦)雲

富士山には強風時に笠雲や吊し雲ができますが、下層大気との間に風速差や

密度差があると珍しい雲が現れます。まるでギリシャ文字のラムダ(λ)のような

恐竜ともうなだれた人間とも思える形です。イルカのひれにも似ている。

ネットスラングで言うところのトボトボ歩くさま。

富士山の周りをとぼとぼ歩く、かわゆい雲たちw。

Vortex by the Kelvin-Helmholtz instability in the cloud around Mount Fuji, Japan.

Movie speed: x4 of real
0:10 the waves had growing, left side of screen.
0:26 form the vortex
1:01 re-play the real speed (x1)
富士山笠雲とケルビン(ケルヴィン)・ヘルムホルツ不安定の渦 4倍速
vortex of Kelvin-Helmholtz instability in clouds with Lenticular Clouds

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.umigaeru.com/mt-tb.cgi/272

コメントする

このブログ記事について

このページは、うみガエルが2016年4月 7日 03:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「山岳波 (Lee Wave) として見た富士山の笠雲 」です。

次のブログ記事は「オタクとしての研究者」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。