海洋の最近の記事

富士山には強風時に笠雲や吊し雲ができますが、下層大気との間に風速差や

密度差があると珍しい雲が現れます。まるでギリシャ文字のラムダ(λ)のような

恐竜ともうなだれた人間とも思える形です。イルカのひれにも似ている。

ネットスラングで言うところのトボトボ歩くさま。

富士山の周りをとぼとぼ歩く、かわゆい雲たちw。

Vortex by the Kelvin-Helmholtz instability in the cloud around Mount Fuji, Japan.

Movie speed: x4 of real
0:10 the waves had growing, left side of screen.
0:26 form the vortex
1:01 re-play the real speed (x1)
富士山笠雲とケルビン(ケルヴィン)・ヘルムホルツ不安定の渦 4倍速
vortex of Kelvin-Helmholtz instability in clouds with Lenticular Clouds

東海大学 海洋学部が主に使用している海洋調査研修船「望星丸」の現在の位置・速度・気温・水温・塩分・風速・気圧などがリアルタイム更新されるWEBページを紹介します。
望星丸航海リアルタイム情報
※ドコモの電波が通じないところでは更新されません

昨日,4月29日の夕刻にある人からクジラを海岸で見たという報告を受けた.

用事を早々に切り上げてカメラ片手に海がよく見える建物の屋上に行ってみた.

最初は見つからなかったが一緒に行った一人が見つけた.

すぐに潜ってしまったらしい.その後見つけたが数分に一回10秒前後揚がってくるようだ.

ダイビングをしている人によれば三保半島(砂嘴)には餌となるアミが多く集まっているようだ.

Nikon D610, AF S NIKKOR 80 400mm f/45 56G ED VR, 手持ち

水産海洋学会の水産海洋地域研究集会

第 6 回 駿河湾・伊豆海嶺地域研究集会 -駿河湾の水産資源と環境の近況-

共 催:水産海洋学会,東海大学海洋学部,東海大学海洋研究所

日 時:2014 年 2 月 17 日(月) 10:30~16:30

場 所:東海大学海洋学部 8 号館 2 階 8205 教室(静岡市清水区折戸 3-20-1)

上記のシンポジウムが無事に終了しました.

静岡県水産技術研究所と東海大学が協力して問題解決に当たれるといいなと感じました.

シンポジウムの資料

最近ではエチゼンクラゲと呼ぶと越前のイメージが悪くなると言うことで

大型クラゲと言うらしい。by水産庁関係

なんと日本海だけと思われた大型クラゲが駿河湾にも現れたらしい。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち海洋カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはクルマです。

次のカテゴリは旅行です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。