American Expressにさよならバイバイ

私がアメックス(amex)をリストラした理由を書くことにします。
アメックスに勧誘されたのは成田空港でゴールドから入会しました。
その後、ゴールドとプラチナに関してネットで調べてみるとゴールドが割高と感じました。
ゴールドが3万円弱。プラチナが8万円くらい。

だからプラチナを熱望してとにかくいろんなところで決済した。
アメックスは決済に関して敏感みたいで半年後にはプラチナのインビテーションを受けることができました。このときの感想としては皆さんと同じです。グリーンよりもゴールドの方が上位でさらに上位がプラチナやセンチュリオン(ブラック)。だから限度額も増えていると思い込んでいました。

プラチナカードはゴールドカードに比べると地味なカードフェイスです。
これがお気に入りで、Citiゴールドの色が嫌みっぽく感じてきました。
防犯上もゴールドよりもプラチナの方が良いのでは?
財布に金色の券面のカードがあると狙われやすいとか。

さて本題に戻りますがアメックスプラチナを楽しんで使っていたのですが
ある時、非換金性の高いT&Eである旅行の決済でストップがかかりました。
パソコンなどでかかるなら換金などの可能性があるのですが旅行代理店で
ストップがかかるとは思わなかった。天下のプラチナカードだよ?!
それまでの月額使用料と同程度の決済です。
ということは先月の利用分+今月の利用料+旅行代が限度額を超えたのでしょう。
逆算すると普通のゴールドカード並みの限度額です。

このときは埃をかぶるくらい使っていなかったダイナースカードで決済しました。
以後、メインカードはアメックスからダイナースになりました。
アメックスプラチナが年会費を105000円に上げたのを機にして解約しました。
さようならアメックス。
426370335_229[1].jpg